インフォメーション

プリウスPHVをフルモデルチェンジ

2017年2月15日更新

−次世代環境車の柱として、EV走行距離を従来型比2倍超の68.2kmに拡大−


 EVモードでの走行距離を68.2km*1に拡大。充電した電気が切れてもハイブリッド車として37.2km/L*2の低燃費を実現
 普通充電(200Vまたは100V)、急速充電*3、ソーラー充電システム*4とニーズで選べる充電方法
 トヨタ初の11.6インチT-Connect SDナビゲーションシステム*5とDCM*5*6により、安心・安全・便利な、つながるサービス「T-Connect」を提供

 プリウスPHVをフルモデルチェンジし、2月15日に発売しました。

 トヨタ自動車(株)(以下トヨタ)は、プラグインハイブリッド車(PHV)をハイブリッド車に次ぐ「次世代環境車の柱」として位置付け、大幅な商品強化に取り組んできました。
 新型プリウスPHVは、「プリウス」の特長である環境性能を大幅に進化させたほか、電気自動車(EV)らしい力強くスムーズな走りを実現。未来感あふれる先進装備に加えて充電の利便性も向上させ「いいクルマ」として進化させました。
 PHVは、日々の通勤や買い物などではガソリンを使わないEVとして走行し、電池がなくなってもハイブリッド車として長距離ドライブを楽しむことができます。トヨタは、PHVを人とクルマと自然が共生する社会を目指す「トヨタ環境チャレンジ2050」の基幹車種と位置付けており、今後も更なる商品強化に取り組んでいきます。


*1 エンジン、駆動用バッテリーの状態、エアコンの使用状況や運転方法(急加速・所定の車速を超える)、道路状況(登坂)などによっては、バッテリー残量に関わらずEV走行が解除されエンジンが作動。JC08モード・充電電力使用時走行距離。国土交通省審査値
*2 JC08モード走行燃費。国土交通省審査値
*3 Sを除く全車に標準装備、Sにオプション設定
*4 S、S“ナビパッケージ”にオプション設定
*5 Sを除く全車に標準装備
*6 DCM : Data Communication Module



プリウスPHV 車両情報はこちら : http://toyota.jp/priusphv/

プリウスPHV 福井トヨタのご案内はこちら : http://www.fukui-toyota.jp/phv/

このページの先頭へ

コースターをフルモデルチェンジ

2016年12月22日更新

「EX」
(29人乗り・6AT車)
<オプション装着車>

−24年ぶりにボディを一新し、優れた安全性を確保、広いキャビンで快適に−

福井トヨタでは、コースターをフルモデルチェンジし、2017年1月23日に発売します。
コースターは、25人程度の乗員が快適に乗ることができる小型バス需要の高まりを受け、1963年にライトバスとして誕生。1969年のモデルチェンジを機にコースターと改称し、50年以上乗り継がれています。世界の様々な地域で人の移動を支え、現在では110以上の国や地域で販売し、累計販売台数は55万台以上となっています。日本でも、飲食店やホテル、幼稚園の送迎など様々なシーンで活躍しています。
 今回のフルモデルチェンジでは、これからも長く愛され、乗り続けていただけるクルマを目指し「安全機能の充実」「快適性向上」「次世代の小型バスに相応しいデザイン」「信頼性の高いクルマ」の観点で、大幅に磨きをかけました。
 
<コースターの主な特徴>
・環状骨格によるボディ剛性の向上、VSC*1を日本でクラス初*2採用、さらに運転席と助手席にSRS*3エアバッグを標準装備*4するなど、優れた安全性を確保
・室内高と室内幅の拡大、静粛性の向上、フラットな乗り心地で、乗客がゆったり過ごせる快適な室内空間を実現
・シンプルでスクエアなキャビンと力強いアンダーボディとの組み合わせにより、モダンかつ様々な環境で使用できるタフなイメージを予感させるスタイルを実現

*1 VSC Vehicle Stability Control(車両安定制御システム)
*2 小型バスクラス。2016年12月現在。トヨタ自動車(株)調べ
*3 SRS Supplemental Restraint System(乗員保護補助装置)
*4 幼児専用車は助手席が無いため、運転席のみ設定

コースター 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/coaster/

コースター フルモデルチェンジ の詳細はこちら
 http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/14572758/

このページの先頭へ

新型車C−HRを発売

2016年12月14日更新

S-T(メタルストリームメタリック)

S(メタルストリームメタリック

G(ラディアントグリーンメタリック)

12月14日より発売

−デザインと走りに徹底的にこだわった「TNGA第2号車」−

 C-HRは、「もっといいクルマづくり」の実現に向けたクルマづくりの構造改革である、TNGA*2の第2号車として投入されました。TNGA第1号車のプリウス*3とプラットフォームを共通にしながらも、世界の様々な道での走行テスト・欧州の一般道路でのステアリングやショックアブソーバーのチューニングなど、運動性能にこだわってC-HRならではの「味付け」を実施。「レスポンス」・「リニアリティ」・「コンシステンシー」*4を突き詰めることで、コンセプトである「我が意の走り」を追求しています。
 2016年5月には、クルマと人を鍛えるTOYOTA GAZOO Racingの活動を通じ、ドイツで開催された第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦し、完走を果たしています。
 また、C-HRが属するコンパクトSUV市場は、他市場に比べ内外装デザインを重視するお客様が多いため、デザインにも徹底的にこだわっています。特に、外形デザインは、デザイナーの想いをそのままの形で実現することを目指して開発。「センシュアル スピード-クロス」*5をキーワードに、スピード感あるキャビン形状・彫刻的な面造形・「ダイヤモンド」をモチーフに強く絞り込んだボディと大きく張り出したホイールフレアの対比など、独創的なスタイルを追求しています。
 燃費については、ハイブリッド車はクラストップレベル*6の30.2km/L*7を実現。「平成32年度燃費基準+20%」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象としています。また、1.2Lターボ車(レギュラーガソリン仕様)は15.4km/L*7を実現し、「平成27年度燃費基準+5%」を達成するとともに、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定取得とあわせ、「エコカー減税」の対象としています。

<C-HRの主な特徴>
 ・TNGAがもたらす高い基本性能に、運動性能を高める「味付け」を施し「我が意の走り」を実現
 ・キーンルック*8やアンダープライオリティ*9などTOYOTA独自のエモーショナルなデザイン表現により、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現
 ・インテリアは、質感・形状・色など細部にこだわり大人の感性に響く意匠を追求したほか、メーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できるドライーバーズ空間を実現
 ・高効率・小型・軽量化を追求したハイブリッドシステムを搭載し、ハイブリッド車はクラストップレベルの30.2km/Lを実現
 ・衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」を全車標準装備し、安全運転支援に貢献

*1 C-HR:Compact High Rider、Cross Hatch Run-aboutといった2つの言葉から命名
*2 Toyota New Global Architecture。トヨタ自動車が全社を挙げてグローバルに取り組む、クルマづくりの構造改革。
   パワートレーンユニットとプラットフォームを一新し、全体最適を考え新開発することにより、クルマの基本性能や商品力を飛躍的に向上させることを目指す
*3 2015年12月発売
*4 「レスポンス」:ドライバーの操作に対しクルマが即座に反応すること、の意
   「リニアリティ」:ドライバーの操作量に対しクルマが忠実に応答し修正が必要無いこと、の意
   「コンシステンシー」:車速・横G(カーブなどで外側にかかる力)・路面状況等に左右されずクルマの応答が常に一貫していること、の意
*5 「センシュアル」:大人の感性に響く造り込み、の意
   「スピード」:キビキビとしたスピード感あふれるキャビン&ボディ、の意
   「クロス」:SUVのたくましい足回り、の意
*6 コンパクトSUVクラス。2016年12月現在。トヨタ自動車調べ
*7 JC08モード走行燃費。国土交通省審査値
*8 知的で明晰な印象を与えるTOYOTA独自のフロントの表情。
   TOYOTAマークの立体的な強調と、ダイナミックなアンダープライオリティとの組み合わせで表現
*9 空力・冷却・歩行者保護性能を考慮したアンダーグリルとし、それを強調させたTOYOTA独自のフロントデザイン


C−HR 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/c-hr/

C−HR 福井トヨタお勧め情報はこちら
 http://www.fukui-toyota.jp/c-hr/

このページの先頭へ

86にオレンジカラーの特別仕様車を期間限定発売

2016年11月14日更新

特別仕様車 GT
“Solar Orange Limited”
<オプション装着車>

特別仕様車 GT
“Solar Orange Limited”
内装

GT
“Limited・High Performance Package”

−同時にBrembo社製ブレーキを採用したパッケージを設定−

 86に特別仕様車GT“Solar Orange Limited”を設定。2017年3月10日の発売を予定しており、2017年1月31日*1まで期間限定で注文を受け付ける。
 また、Brembo(ブレンボ)社製のブレーキを採用した“Limited・High Performance Package”をGTグレードに設定し、2017年2月7日の発売を予定しており、それに先駆け、注文を受け付ける。

 今回の特別仕様車は、GTをベースに外板色には特別設定色ソーラーオレンジを採用。内装はブラックを基調として、シートやステアリングなど随所にオレンジのステッチをあしらい、スポーティ感を際立たせている。また、本革×アルカンターラ®*2のシート表皮で、前席はシートヒーター付の仕様とし、グランリュクス®*3を用いたインストルメントパネルを採用するなど、特別感と上質感を付与している。

 同時に設定された、86 GT“Limited・High Performance Package”は、GT“Limited”の仕様をベースとし、Brembo社製の高性能ブレーキを採用することで、優れた制動性能を確保した。また、専用17インチアルミホイールやSACHS(ザックス)アブソーバーを装備し、高い操縦安定性を追求した。これにより、ドライバーの「直感ハンドリング」に応える楽しいクルマとして磨きをかけている。

 なお、GT“Limited・High Performance Package”のパッケージ装備は期間限定販売の86特別仕様車GT“Solar Orange Limited”においても装着可能とし、Brembo製17インチベンチレーテッドディスクブレーキ&専用17インチアルミホイールやSACHSアブソーバーに加え、リヤスポイラーとフロアアンダーカバーをセットにし“High Performance Package”として、オプション設定している*5。

*1 受注状況によっては、事前の断りなく受注の期間を早めて終了させていただく場合があります
*2 アルカンターラ®は、アルカンターラ社の登録商標
*3 glanluxe®(グランリュクス)は、セーレン(株)の登録商標で、スエード調の人工皮革
*4 鋳物の質感を表現したブラック塗装
*5 特別仕様車GT“Solar Orange Limited”にHigh Performance Packageをオプション装着した場合生産開始は3月となる予定


86 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/86/

86 特別仕様車GT“Solar Orange Limited” 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/86/grade/special/

このページの先頭へ

新型車ルーミーを発売

2016年11月9日更新

ルーミー カスタムG−T

11月9日より発売

−ミニバンの魅力をコンパクトカーに凝縮したトール2BOX誕生−

新型車ルーミーは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワン・エル・ディー・カー)」をコンセプトとし、子育てファミリーをはじめ、幅広いお客様の日常にジャストフィットする、新しいタイプのトール2BOXです。
乗り降りしやすいパワースライドドアやゆったりくつろげる室内の広さ、多彩なシートアレンジなど、ミニバンの持つ魅力をコンパクトカーに凝縮しました。

<主な特長>
・コンパクトでありながら広々とした室内空間と、多彩なシートアレンジ
・最小回転半径4.6mと、コンパクトならではの小回りのきく取り回し
・乗り降りしやすいワンタッチオープン機能付パワースライドドアを採用
・1.5Lクラス相当のトルクを幅広い回転域で発揮する新開発1.0Lターボエンジン搭載車を設定
・5つの機能を備えた衝突回避支援システム「スマートアシストU*1」を搭載
・メッキ加飾や専用バンパーなどを施したカスタムグレードを設定

*1:スマートアシストはダイハツ工業鰍フ登録商標
   X"S"、G"S"、G-T、カスタムG"S"、カスタムG-Tに標準装備

ルーミー 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/roomy/

ルーミー スペシャルサイトはこちら
 http://toyota.jp/roomy/cp/me/?padid=ag341_from_roomy_top_rec_cp

このページの先頭へ

ダイナ1t積系を一部改良

2016年9月26日更新

ダイナ カーゴ
シングルキャブ・標準デッキ・ジャストロー
1.5t積・ディーゼル車・2WD
<オプション装着車>

9月26日より発売

−力強さを際立たせたフロントビューに一新−

 今回の一部改良では、ABSを全車標準装備し、より安全性に配慮した。また、キャブデザインは2t積系で好評のスタイルに一新し、力強さを際立たせたフロントビューとしている。さらに、マルチリフレクター式ヘッドランプを採用し、夜間のクリアな視界確保に寄与している。
 室内は、広々とした足元スペースによりキャビンの居住性を向上するとともに、助手席から中央席にかけてフック付の大型オープントレイを配し、利便性も向上した。

 あわせて、TECS(メーカー完成特装車)についても、ベース車と同様の改良を施している。


ダイナを一部改良 詳細情報はこちら
 http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13706165

ダイナ カーゴ 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/dynacargo/

ダイナ ルートバン 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/dynaroutevan/

このページの先頭へ

サクシードを一部改良

2016年8月30日更新

サクシード U(1.5L・2WD)

8月30日より発売

−先進の安全機能を搭載するとともに、燃費も向上−

 今回の一部改良は、コマーシャルバン*1として初搭載*2となる衝突回避支援型プリクラッシュセーフティをはじめ、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビームをセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense C」を標準装備。レーザーレーダーと単眼カメラを組み合わせ、異なる2つのセンサーで高い認識性能と信頼性を両立し、多面的な安全運転支援を可能とした。さらに、シフト操作時における急発進を抑制し、衝突時の被害軽減に寄与するドライブスタートコントロールや、先行車を検知し、信号待ちなどで先行車が発進したことに気づかず停止し続けた場合、ブザーとディスプレイ表示でドライバーに知らせる先行車発進告知機能を標準装備した。
 また、1.5L 2WD車にアイドリングストップ機能(Stop & Start System)を標準装備することで、JC08モード走行燃費19.6km/L*3を実現し、「平成27年度燃費基準+20%*4」を達成。「平成17年排出ガス基準75%低減レベル*5」の認定とあわせ、「エコカー減税」の減税率を拡大した。
 そのほか、コンライトやイルミネーテッドエントリーシステムを全車標準装備し、利便性も向上。多様なビジネスシーンをサポートしている。

*1 4ナンバーを付けた2BOXタイプの商用車(除く軽自動車)
*2 2016年8月現在。トヨタ自動車(株)調べ
*3 国土交通省審査値
*4 省エネ法に基づき定められている燃費基準
*5 国土交通省の低排出ガス車認定制度


サクシードを一部改良 詳細情報はこちら
 http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13332599/

サクシード 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/succeed/

このページの先頭へ

トヨタ店創立70周年記念の特別仕様車を発売

2016年8月29日更新

クラウン特別仕様車
アスリートS-T“J-FRONTIER”
<オプション装着車>

ランドクルーザー特別仕様車
ZX“G-FRONTIER”
<オプション装着車>

ランドクルーザープラド特別仕様車
TX“Lパッケージ・G-FRONTIER”(ディーゼル車)
<オプション装着車>

8月29日より発売

−クラウン、ランドクルーザー、ランドクルーザープラドに設定−

 トヨタ店創立70周年を記念し、クラウン“アスリート”シリーズならびに“マジェスタ”シリーズ、ランドクルーザー、ランドクルーザープラドに特別仕様車を設定し、全国のトヨタ店*1を通じて、8月29日より発売した。
 クラウンシリーズの特別仕様車は、日本のモノづくりの技術を駆使して作りだしたレイヤーウッドステアリングやウルトラスエード®*2のシートなどを採用し、純国産車としての質感をさらに際立たせた。
 グローバルに活躍するランドクルーザーならびにランドクルーザープラドの特別仕様車は上質感を高めた本革シートや海外仕様のシートを採用するなど、特別感とグローバル感を付与している。

 トヨタ店は、1946年にトヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)の中でも最も歴史のある販売店として設立。「日本の道に日本のクルマを走らせたい」というトヨタの思いに共感し、戦後間もない時期に立ち上がって以来、まさにフロンティア精神のもと、自動車産業の発展のために今日まで歩んできた。
 そして、TOYOTAブランドにおける高級車を取り扱うチャネルとして、クラウンやランドクルーザーをはじめ、多様なニーズにお応えするクルマを提供してきた。そのクルマを信頼いただき、ご愛顧いただいたお客様に支えられ、今年で創立70周年を迎えることができた。
 トヨタ店はブランドメッセージ「フロンティアへ 人を、地域を、もっと笑顔に」を掲げ、これからもお客様へ“もっといいクルマ”を提供し続けていきたいと考えている。

*1 クラウン : 東京地区は東京トヨタおよび東京トヨペット ランドクルーザー、 ランドクルーザープラド : 大阪地区は大阪トヨペット
*2 ウルトラスエード®は東レ株式会社の登録商標


トヨタ店創立70周年記念の特別仕様車を発売 詳細情報はこちら
 http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/13295732/

クラウン アスリート 車両情報はこちら http://toyota.jp/crownathlete/

クラウン アスリート S“J-FRONTIER”/アスリート S Four“J-FRONTIER”/アスリート S-T“J-FRONTIER” 車両情報はこちら http://toyota.jp/crownathlete/grade/special/

クラウン マジェスタ 車両情報はこちら http://toyota.jp/crownmajesta/

クラウン マジェスタ“Fバージョン・J-FRONTIER”/マジェスタ Four“J-FRONTIER” 車両情報はこちら http://toyota.jp/crownmajesta/grade/special/

クラウン ロイヤル 車両情報はこちら http://toyota.jp/crownroyal/

ランドクルーザー 車両情報はこちら http://toyota.jp/landcruiser/

ランドクルーザー ZX“G-FRONTIER” 車両情報はこちら http://toyota.jp/landcruiser/grade/special/

ランドクルーザー プラド 車両情報はこちら http://toyota.jp/landcruiserprado/

ランドクルーザー プラド TX“Lパッケージ・G-FRONTIER” 車両情報はこちら http://toyota.jp/landcruiserprado/grade/special/

このページの先頭へ

プリウスの特別仕様車を発売

2016年8月8日更新

プリウス 特別仕様車 S“Safety Plus”

8月8日より発売

−先進技術を充実させた「A」グレードで好評な安全装備を「S」グレードにも特別装備−

 今回の特別仕様車は、標準グレード「S」をベースに、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールをはじめ4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P*1」や、インテリジェントクリアランスソナー、シンプルインテリジェントパーキングアシスト、カラーヘッドアップディスプレイ、LEDフロントフォグランプ、などを特別装備し、安全装備を充実した。さらに、好評をいただいているナビレディセット*2を特別装備し、より魅力的な仕様とした。
 外板色には、スティールブロンドメタリックをはじめ、全4色を設定した。

*1 Toyota Safety Sense P •プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  •レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  •レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
  •オートマチックハイビーム

*2 ナビレディセット •バックカメラ
  •ステアリングスイッチ(音声認識・ハンズフリー通話)


プリウス 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/prius/

プリウス 特別仕様車 S“Safety Plus” 車両情報はこちら
 http://toyota.jp/prius/grade/special/

このページの先頭へ

充電サービス(プリウスPHV用)全店舗ご利用できます!

2016年2月1日更新

外出先での充電をサポートいたします!

 福井トヨタでは、プリウスPHV(プラグインハイブリッド車)向けに、
 1回1時間の充電を無料でご利用いただける「G-Station (充電ステーション)」を、全店舗に設置しました。
 ※ご利用は納車時にお渡しする会員証が必要です。

 お出かけのさいは、お気軽にお寄りいただき、ご利用くださいませ。
 ※詳しくは店舗スタッフまでお問合せください。

 プリウスPHV オフィシャルサイト ⇒ 
  http://toyota.jp/priusphv/

 福井県電気自動車用充電器マップ ⇒ 
  http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/kankyou/jyudenmap.html

このページの先頭へ

『無料Wi-Fiサービス』のご案内

2012年7月13日更新

お車の点検など、待ち時間にご利用ください

 福井トヨタ 各お店で「無料Wi-Fiサービス」が利用できるようになりました。

 auのスマートフォンのお客様は、専用アプリ「au Wi-Fi 接続ツール」をダウンロードするだけで、ご利用いただけます。

 au以外のスマートフォン ・ ニンテンドーDS ・ PSP ・ ノートPC(モバイルPC) のお客様は、ログイン画面で「ゲストコード」を入力するだけで、ご利用いただけます。
 ※Wi-Fi対応(無線LAN対応)の機器のみになります。

ステップ[1]
 携帯電話をご準備いただき、
 「tcode@forguest .wi2 .ne .jp」へ
 空メールを送信後、「ゲストコード」をお知らせするメールが届きます。

ステップ[2] 
 お手持ち機器で検索されたアクセスポイントの中から「Wi2」を選択します。
 ※機種により設定方法が異なります。詳しくは取扱説明書をご確認ください。

ステップ[3]
 インターネットを起動し、ログイン画面が表示されます。
 取得した「ゲストコード」を入力して完了です。
 ※「ゲストコード」でログインしてから2時間利用できます。その後も利用されたい場合は、再度ゲストコードをメールで取得してください。

 なお、詳しい接続の設定は、店舗ショールーム内のチラシをご覧ください。
 ※大変申し訳ございませんが、携帯電話(Wi-Fi対応機種でも)では当社の「無料Wi-Fiサービス」がご利用できません。


「無料Wi-Fiサービス」の詳しい内容・お問合せに関しましては、

 auスマートフォンのお客様は、⇒
  http://www.au.kddi.com/wifi/au_wifi_spot/index.html

 auスマートフォン以外のお客様は、⇒
  http://300.wi2.co.jp

までお願いします。

このページの先頭へ

「You & i グループ」サイトのご紹介

2012年4月1日更新


2010年12月に福井トヨタと福井トヨペットは同一資本となり、新たに「YOU & i グループ」としてスタートしました。

コンセプトは「あなたのカーライフを様々な場面でお手伝いします。」幅広い商品ラインナップとサービス網の展開で、お客様のニーズに応えてまいります。

 詳細は ⇒ 
  http://www.fukui-toyota.jp/06_outline/you_and_i.asp

このページの先頭へ



Copyright© FUKUI TOYOTA CO.,LTD. 2008 All rights Reserved.